「損をしない対話術」と「セッションの値上げ」

「大人のための国語セミナー」を開催しました。

今回のテーマは「損をしない対話術」。

40名満席! ありがとうございます!

たくさんご用意したワークも、大盛り上がり。

「損した」「得した」とか、よく言うけれども、その「損」や「得」って何のことを言ってるのか?

感情的な部分まで丁寧に計算して数値化するワーク・・なんて、ほかでは見たことないはず(笑)

コラボパートナーのこうじさんと、この2ヶ月間、練って練って練り上げて、

一点の妥協もなく作り込んできたセミナーですが、大事なのはもちろん、参加者みなさまの反応。

みなさまが笑ったりうなづいたりされてるの見ては、いちいち喜び噛み締めていました。

笑いが絶えないセミナーの最後には、カタルシスが起きて涙される方も・・・


なんでわたしたちは、わざわざ「損をしてしまう」のか?

「得する」選択は、どうすればできるのか?


「よくわかって、頭と気持ちがスッキリした。」

というご感想をたくさんたくさんいただきました。嬉しい^^


……で。


話はここから。笑



こんにちは!
伝えたい思いがあふれすぎて
文章苦手になっている
ヒーラー、セラピスト、コーチのための
ブログ文章プロデューサー 大慧亜衣子です

セミナー終了後の懇親会のとき、一人の参加者さまから

ご相談を受けました。


「セッション料金を値上げするには、

 どうしたらいいですか?」


え? ただ値上げすればいいんじゃない?

何が問題?


「クライアントさんにどう説明したらいいか、

 わからなくて」


説明・・・・ふーん

じゃ、たとえば、

今は、どう言うつもりですか?



で。

デモやってもらったら、その「説明」を

難しくさせている理由が、わかりました。

これ、文章も同じことなんだけど・・・・



なんだと思う?




答えはね・・・




自分の関心事についてばかり話してるから。(笑)



そりゃ、クライアントに興味ないことを

延々喋っても、聞いてもらえないわ。

そりゃそうだー(笑)



てなことで。

結論!



聞いてもらえる、読んでもらえる、

ためには。


相手の関心あることを

言ったり、書いたりしましょう!!



いつだって、これが基本だよねー^^

ハートアクセス ライティング

伝えたい思いが溢れすぎて、文章が苦手になっている ヒーラー、セラピスト、コーチのためのブログ文章コーチング。 のべ5000本の原稿に触れ、130万人にメッセージを届けてきたプロの編集者・ライターが、 文章の苦手意識を取り除きながら、あなた本来の魅力を引き出します。 そんな二人三脚サポートで、"大好きなお客様にだけ"ピンポイントで、あなたの思いを伝えませんか?