伝えたい思いを伝える文章は 〇〇と〇〇がキメ手!

こんにちは!  大慧亜衣子です。 

あのね、わたし バッグ買ったんですよ! (唐突ですみません) 

これで、ついに、 長い年月ずっと悩んできた 「バッグ探しの旅」卒業です^^ 


この「旅」の話はね・・・ 語りだすと長いんですが 

(同じ経歴をおもちの方、  ぜひ語り合いましょう!笑) 

雑貨屋さんレベルから、 ラグジュアリーなブランドまで、 

それこそ「金のワラジ」で、何年も。 


 その結果ね、わかったんです。 

 キメ手は 「構造」と「底板」。 


荷物の重さを支えてくれるのは「底板」で 

紙が多い荷物をキレイに運んでくれるのは「構造」。 


 あー、ほら。 

スーパーで買い物したとき、 店内用のプラスチックカゴなら持てたのに 

スーパー袋に詰め替えたら、 いきなり重く、持ちにくくなってビックリした。 

なんて経験、ありませんか? 


 ガチッとした四角いカゴより、ペニャペニャで不定形のスーパー袋の方が

軽いし、何でも入りそうなのに。 

どうかすると破れちゃったりして、 ほんとややこしい。(><) 

 あれと、同じ原理だったんです。


で、ね。

これ、文章も同じだなー!って 面白くなりました。 


 伝えたい思いの、重さを量る計りがあれば

きっと、針が振り切れそうなほど。 

思いが強ければ、強いだけ。 


そんな思いを、そのままホイッと渡されたら

お客様は、持てないかもしれない。

なんとか持っていただけても、 

途中で破けて、中身を落としちゃうかもしれない。


だから 「構造」と「底板」です。 


思いの質量をしっかり支えるその人らしい【文体】と

伝えたい思いを読み手の心まで、 きちんと届ける【文章の構造】。 


この2つが揃っていれば、 

文章で思いを伝えることって、 できるんだよねと。 



てなことで。 


今日の結論は 


 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 伝えたい思いを伝える文章は 

【文体】と【構造】がキメ手! 

 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★



・・・え?  


で、買ったのは、どんなバックだったのかって?? 


あのね・・・ 

合皮の、すごくシンプルなバッグです。

お値段も、超プチプラで 税込み2160円(!) 


やっす〜い!んだけど、

ここに辿り着くまでの試行錯誤に

7ケタ単位で投資してきていますから 。


それ考えたら、 とっても貴重な2000円だと思ってます^^ はい(笑) 


ちなみに、 会う人会う人、みんな

 「え! それどこで買ったの? 自分もほしい!」 って

言ってくれるくらいには、見かけも可愛いのよ〜^^*


ハートアクセス ライティング

伝えたい思いが溢れすぎて、文章が苦手になっている ヒーラー、セラピスト、コーチのためのブログ文章コーチング。 のべ5000本の原稿に触れ、130万人にメッセージを届けてきたプロの編集者・ライターが、 文章の苦手意識を取り除きながら、あなた本来の魅力を引き出します。 そんな二人三脚サポートで、"大好きなお客様にだけ"ピンポイントで、あなたの思いを伝えませんか?