【かまってちゃん】に、なっていませんか?


相手の立場に立ちましょう、とよく言われますが。
これを勘違いして、

「人からどう思われるか」
そんなことばかり、心配している人がいます。

こう言ったら、こう書いたら
どう思われるだろう・・
ダメだと思われるかな。
バカにされるんじゃないかな。
嫌われるんじゃないかな。

ところが。
そう考えているとき、どこに意識が向いているかと言うと

ダメだと思われたり
バカにされたり
嫌われたりして
惨めな気持ちになっている自分・・・

そう。
人のことを考えているつもりで
自分のことしか考えていないんです。

つまり、
人の立場に立つ、というのは
相手がどういう感想をもつか を
気にすることでは、ないんです。

さて。
ちなみに。

自分ではすごく「ちゃんとしてる」つもりなのに

人からは、
(ああメンドクサイ・・・)
(しょうがないな、この人は!)
と、思ってもらえる方法があるんですが・・・

知りたい?(笑)




その方法というのは

【かまってちゃん】

に、なることです。


あ。

【かまってちゃん】と言うと
・自分のことばっか喋ってる
・その人の話題をしないと気が済まない
みたいなコミュニケーションスタイルを
イメージするかもしれないんですが


まー、少なくともビジネスシーンで
そういうハードスタイルを貫ける場面は
それほど多くありませんから、その話ではないです。


じゃ、何か?



一言で言えば

☆☆☆☆☆
必要以上に、相手の時間を
自分のところで消費させる人
☆☆☆☆☆


の、ことです。

たとえば、
これ、実際にあった例なんですが


メールA
「○○さんとのミーティング、●月●日になりました。
 どうぞよろしくお願いします」


メールB
「○○さんとのミーティング、●月●日△時からになりました。
 弊社5F□□会議室で行います。
 受付横のエレベーターで直接おいでください。降りて左手すぐが会議室です。
 先日いただいた資料は、人数分、こちらでコピーをご用意しておりますが
 追加がありましたら、前日15時までに私宛ご連絡ください。
 当日は、上司と私の2人でお待ちしています。どう ぞよろしくお願いします」


あなたなら、どちらのメールがもらいたいですか?


はい。
ですよね!

メールBがいいですね^^

メールBなら、これだけ読めば、何の疑問もなく
当日のミーティングに臨めます!!

なぜなら、メールBは、
(相手は何が知りたいか?)
を考えて書かれているからです。

そして、

(相手は何が知りたいか?)
を想像するような考え方の枠組みを

相手の立場に立つ


と、呼ぶのです。


対して、
メールAは。

読んだ瞬間に
(・・何時から?)
(・・どこで?)
(・・何をどれだけ用意すれば?)
などなど、たくさん疑問が出てきてしまいますから
質問のために、もう1〜2往復 、
メールか電話で話をしなくてはなりません。

と、言うのがつまり。
相手からすれば

無駄な時間

となるわけです。

つまり
メールAみたいな連絡の仕方こそが
ビジネスシーンでの
【かまってちゃん】
だと言えるでしょう。


もちろん、書いた本人に別に悪気があるとかではなく
単に、想像力の欠如です。

けれども、受け取った相手は
「自分を大事にしてくれていない」
と感じますから、

こんな発信の仕方ばかりしていると
うまくいくものも、うまくいかなくなってしまいます。




時間というのは、命そのもの・・
なんて、大上段に構える必要もありませんが

相手の時間を、自分のために無駄に遣わせて
平気でいられるマインドだ と

ひっくり返せば、自分の時間も
二度手間、三度手間でダラダラ遣い

結果、やらなくてはいけないものを溜め込んで
いつも時間に追われてしまう・・

という悪循環を生むものになりかねませんから、
注意が必要ですね!


てなことで。
今日の話題は

★★★
「かまってちゃん」に
なっていませんか?
★★★


でした!

ご参考になったら嬉しいです。

ハートアクセス ライティング

伝えたい思いが溢れすぎて、文章が苦手になっている ヒーラー、セラピスト、コーチのためのブログ文章コーチング。 のべ5000本の原稿に触れ、130万人にメッセージを届けてきたプロの編集者・ライターが、 文章の苦手意識を取り除きながら、あなた本来の魅力を引き出します。 そんな二人三脚サポートで、"大好きなお客様にだけ"ピンポイントで、あなたの思いを伝えませんか?