なぜ「ブログセミナー」に参加しても、ブログが書けるようにならないのか?

「以前、他のブログセミナーに
 出たことあるんですけど
 全然書けるようにならなかったんです」

「知りたいことが教えてもらえなくて」

「1日5記事書きなさいとか、

 写真を載せなさいとか、そんな話ばかりで」

「最初から書ける人が講師だったみたいで。

 書けないってことが、わかってもらえなくて」


この前の、ブログ文章プチセミナーのとき
ご参加された方から伺った、ナマの声です。

それ聴いて・・・




(さすが、鋭い!)


心中、密かに唸ったワタシです。



・・と。


こんにちは!


伝えたい思いが溢れすぎて、文章苦手になっている

ヒーラー、セラピスト、コーチのための
文章プロデューサー  大慧亜衣子です。
さてさて。

皆さまがおっしゃってたこと、

よーくわかります。


文章の書き方そのものが、
よくわかんないのに
ノウハウだけ教えてもらっても、
困っちゃうんですよね。

そもそも泳げないのに、
競泳水着のカタログもらっても

使い道がないのと、同じだもん。


ノウハウが悪いわけでは、ないのですが。

「文章を書く」というのは、スキルだし

スキルとノウハウは、違うものだから。



はい。

そうなんです。


「ブログが書けない」とザックリ表現してると

ちょっと見えにくくなってしまうんですけとね。


「書けない」を引き起こす原因には


(1)ノウハウを知らないから 

(2)スキルが足りていないから


の、2種類があります。



そして。


参加者の皆さまが言われてた

「1日5記事」「写真を載せる」とかは、

ノウハウだし、


わたしが今回のプチセミナーでお伝えしたのは

スキルを身につけるための方法

だったんです。


参加者の方たちが、

そこをズバリと指摘されたので

さすが、鋭い!と思った

という次第なのでした。




ちなみに


ときどき、ね。

そういうブログセミナーの

主催者さんで

「受講したのに書いてない!」って

怒ってるご様子、ネット上で見かけますけど


その、書いてない人たちは、

【スキル】の方が今現在、

まだちょっと足りなくて

「書きたくても書けない」

状態なのかもしれないよね、って思います。



なので、実は

以前から違和感がありました。


そういう方たちの

「教えたんだからできるはず!」

「書けないんじゃなくて、やってない!」

「要するにやる気がないんでしょう!」

・・・みたいな、言いぶりに。


いや、ホントに書けないのかもしれないじゃん?

書けない人が、書けるようになる道筋を

そう言ってるアナタこそが、

わかってないのかもしれないじゃん? って。


ま・・

わたし自身も、文章苦手になる

大きな原因が【スキル】の側にあるなんて、


20年以上の編集者キャリアの中で

【文筆を本業にしてない方】たちに
面白くて、読者を引き込むような魅力的な文章を
なんとしてでも書いていただかなくちゃいけない!

・・てな事態が何度も生じた経験から

気づけたことだったんで、偉そうには言えないんですが。(汗


というわけで。


「文章が苦手」

「でも、ブログを書きたい」

「ブログを通じて、大好きなお客様と出逢いたい」


そんな願いをおもちの、あなた。


まずは、最初に手に入れなくちゃいけないのが

「スキル」なのか?

「ノウハウ」なのか?


そこを見極めてから、取組みを始められるのが

いいのじゃないかなーと思います!


あなたの、ご参考になれば。^^

ハートアクセス ライティング

伝えたい思いが溢れすぎて、文章が苦手になっている ヒーラー、セラピスト、コーチのためのブログ文章コーチング。 のべ5000本の原稿に触れ、130万人にメッセージを届けてきたプロの編集者・ライターが、 文章の苦手意識を取り除きながら、あなた本来の魅力を引き出します。 そんな二人三脚サポートで、"大好きなお客様にだけ"ピンポイントで、あなたの思いを伝えませんか?