ヒーラー、セラピストさんが「ビジネス」するとき、忘れがちなこと



こんにちは!

大好きなお客さまに囲まれながら
大好きなことを10年続くビジネスに!
ブログの力で、あなたの夢を叶える
ライティングプロデューサーのAikoです。


さて。

土曜日と日曜日は、ヒーラー養成コースの仕事をしていました。

「意識」と呼ばれるものの構造について
講義とディスカッションで理解していただいた後、
技法として、トランス誘導を扱いました。


で……

ふと、思ったこと。


このジャンルのことって、
ヒーラーやセラピストされてる方にとっては
たぶん基本技能であり、専門領域だと思うのですが

それをビジネスに生かしてない方が、多い!


あ、別に読者さんを
催眠誘導しなさいということではなく
(それは怖い。笑)

よくいただくご質問のね、

「お役立ち記事がわかりません」とか
「レポート記事が書けません」とか
「告知しても集客できません」とか……


そういうのって、みんな
トランス誘導でも他のセラピーでも必要な
【寄り添う】
のプロセスを忘れちゃってるのかなー?
と、思った。って、コトなんです。


だって、やれてるはずでしょう?
セッションのときは。

目の前にいるクライアントさんにとって
何がお役に立つのか。

そのクライアントさんは、
どんなことに、ご興味おもちなのか。

わかって、やれてるはずだと思うんです。



………うん。

たぶんね
もしかしたら。

文章のことで、
ビジネスのことで、
という「枠」で考え出すと

新しい、まだやったことないことを
しなくちゃイケナイんじゃないかって
難しい気持ちになっちゃうのかもしれませんね?

文章やビジネスのコンサルされてる方たちの
サイトとか見るとね、
マーケ理論の話やらなんやら、
すごくテクニカルなことが大事的な書き方してて
慌てちゃうのかもしれないですよね。


でも、それがマチガイの元と言うか……汗


ま、ぶっちゃけ言えば。

彼らはヒーラーやセラピストが
「何をできる人なのか」
知ってて書いてるわけじゃない
ってことですわ。

そもそも、彼ら、
ヒーラーでもセラピストでもないしね。



なので。
声を大にして、申しますが。


もうできること
もうやれてることを
忘れないこと!



自信もって、ブログや文章で
あなたらしさを発信してもらえたらと
願っています。

ハートアクセス ライティング

伝えたい思いが溢れすぎて、文章が苦手になっている ヒーラー、セラピスト、コーチのためのブログ文章コーチング。 のべ5000本の原稿に触れ、130万人にメッセージを届けてきたプロの編集者・ライターが、 文章の苦手意識を取り除きながら、あなた本来の魅力を引き出します。 そんな二人三脚サポートで、"大好きなお客様にだけ"ピンポイントで、あなたの思いを伝えませんか?