副業の時間配分

よく聞かれることのひとつに

「時間、どうやってるんですか?」

というのがあります。


わたしが、会社員もやってて、家庭もあって

子どももいる、という状況で

自分ビジネスをひとりで立ち上げ、

会社員の年収と同じ程度に稼げるようになってる・・


どうやって???


と、思うみたいです。


特に、ご自身も、お仕事と家庭の両立で

いままさに忙しい思いをしていたり、

過去にそういう経験があったりすると

「???」

と、なるようです。


うん。そうですよね、、、


特に、子どもが小さい頃とか、

わたしも、すごく忙しかったもの。


その頃は、今とは違って

自分がお勤めしている出版社の仕事の他に、

編集とライティングをパラレルビジネスでやっていました。


インターネットというのが始まったばかりで

会社紹介のホームページを作るために、コピーが必要で。

たくさんニーズがあったので、お仕事には随分恵まれました。


でも、その分やっぱり、忙しかったです。


わたしの場合は、

実家が近くて親が助けてくれたり

子どもが幼稚園〜小学校低学年まで、

夫が単身赴任していたので

「夫に手がかかる」ということが少なかったり、

ラッキーな部分は、すごくありましたけど。


納期は待ってくれないし、

会社は9時から5時まで拘束あるし

子どもの「お母さん」は、わたし一人だし。


ひとつひとつに必要な時間を足し算すると

1日が24時間では足りなくなるので


時間は、引き算で生活していましたね。

寝る時間を引いたり

ゴハン食べる時間を引いたり。

はい。無謀です。



で・・・



どうなったかと言うと。




端的に言って、

壊れました(苦笑)



人間、無理を重ねると

自分が無理になります。(あたりまえ)



なので、ね。


その後から始まることになった

いまのお仕事を進めていくに当たっては



時間を戦略的に遣う。


ということを、心がけています。


あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、と

後から追いかけていくようなやり方だと

時間って、絶対に足りなくなります。


だから、そうじゃなくて。


全体量を見渡して、優先順で

時間を遣います。



・・あ、そうそう。


この【時間を遣う】というマインドが

たぶん、キモなのかもしれません!



あなたの、ご参考になれば。^^

ハートアクセス ライティング

伝えたい思いが溢れすぎて、文章が苦手になっている ヒーラー、セラピスト、コーチのためのブログ文章コーチング。 のべ5000本の原稿に触れ、130万人にメッセージを届けてきたプロの編集者・ライターが、 文章の苦手意識を取り除きながら、あなた本来の魅力を引き出します。 そんな二人三脚サポートで、"大好きなお客様にだけ"ピンポイントで、あなたの思いを伝えませんか?